現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
GHIRN

『レ・ギャーレ』ビアンコ 2017年 ロ・ゼルボーネ 

販売価格(税込):
1,959
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
イタリア白
イタリア ピエモンテ ヴィーノ・ビアンコ 白 750ml

いつもながら表のラベルにヴィンテージ記載はございません(笑)。バック・ラベルをよーく見ると2016が消され、手書きで2017とあります。頓着ないんですね(笑)。

ところで味わい。まず甘い!甘さが目立ちます。SO2の添加はありませんから、理解出来ません(笑)。色もさほどオレンジっぽくはない。全体のパワーはいつも通り(笑)。ビオ臭や酸化臭は2016年より控え目。香りはスパイシーなターメリックや青い野菜のニュアンスが先にたち、コルテーゼの巨大な果実感は後からゆっくり(笑)。凄いには凄い(笑)。

う~ん。

インポーターさんに問い合わせました。

私「レ・ギャーレ2017年飲んだのですが、残糖感があります。残糖分はどのくらいですか?」
インポーターさん「残糖分は1L中12gあります。」
私「SO2が無添加だと残糖分が再発酵するはずですが、ワインは落ち着いています。何故ですか?」

インポーターさん「実は2017年は生産量が少ない上に夏場が暑く葡萄が過熟したようです。このためアルコール発酵終盤で発酵酵母がスタックしたため、同じコルテーゼ果汁を加えて発酵を安定させたようです。」

私「へえー、そんなやり方あるんですか?SO2を入れなくても安定するんだ。」

インポーターさん「はい。ビオロジックの技法と仰ってました。」

私「今風の裏技で発酵終了後に濃縮果汁を入れて果実味をデフォルメすることは聞いたことがありますが。安定させるために果汁添加するんですね。しかも味わいは不自然じゃないんですよね。いつものような爆発的なパワーとの折り合いが取れているんですよね。不思議。」

インポーターさん「セオリーでは信じられませんが、残糖分が有っても安定するようです。」

またまたワインの知識・経験値が上がったような気がします(笑)。



以下2016年の記述

ロ・ゼルボーネは2003年にファビオ・ソマッツィさんが設立しました。リグーリアとピエモンテの州境にあるロッカ・グルマルダ村。バローロのあるアルバの東と言えば分かりやすいかな(笑)。D.O.C. ドルチェット・ディ・オヴァーダの中心地にある3ヘクタールのワイナリーを取得しました。
 
畑は標高130~170m の南東向き斜面で風通しも良く、土壌は火山と砂質の混成土壌で水捌けも良く、下草が生えにくいことに着眼。有機栽培を始めました。2010年にはイタリアの公的有機認証機関BIOSの認証を取得。その後SO2無添加のワイン生産を目指しています。手法は所謂ビオロジックですから、割りとフレキシブルで現実的(笑)。発酵にはステンレス・タンクのみ使用。ビオデナミほど原理主義的ではありません(笑)。状況に応じたワイン造りは、すべて葡萄本来の味わいを出すため。場合によっては自然酵母に一部培養酵母を混ぜたり、最小限のSO 2 添加もします。とは言え残留SO 2 が30mg /L以下を達成していますから立派(笑)!多大な尽力を感じる将来性のある生産者なのです。収穫量もすべてのキュヴェが1本の葡萄樹からワイン1本以下で
あることは想像にかたくありません。


この白ワインはコルテーゼ100%で造られます。ピエモンテを代表する白ワイン、ガヴィの品種です。手摘みで収穫し撰果後すぐプレス。2週間10℃で果皮浸漬したのち、15℃で天然酵母により6日間のアルコール発酵をおこないます。その後ステンレス・タンクで9ヶ月熟成して瓶詰め。この間マロラクティック発酵は自然と行われているようです。
まず、色にビックリ(笑)。オレンジです(笑)。SO 2 使ってませんね。調べると残留SO 2 は19mg / L 。
香りは驚くほどの濃密さ。わずかにシェリーのような酸化臭はありますが、濃厚さにより気になりません。
桃というよりネクタリンの巨大な果実味は圧倒的と言うべき複雑さ。腐葉土、ミントやセージ等のハーブ、スパイス、洋梨、レモン、グレープフレーツ、蜂蜜。口中に含むと膨らみは柔らかく強烈。いつまでも続く余韻。経験したことのない味わいです。
スタンダードを越えた驚きと感動があり、それが飲み手の喜びになるワインです。ただあまりの凄さに理解が及ばないこともありうるかも(笑)?飲み手次第かな(笑)?
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • こんなワインもあるんですね。

    2016/09/27 投稿者:sept おすすめレベル:★★★

    開栓直後は生ハムの薫り。ややあって、ジャスミンの香りになり、口に含めばナツメグ。
    ものすごい個性。
    堂々たるワインです。
    なんだか、料理を飲んでいるようです。
    熟したリンゴ、ハチミツ、過熟したメロンのようなちょっとアブナい感じの香りまで隠れていたり、追いきれないほどの多種多様な香りが入り乱れます。さっきまで別々だった香り同士がくっ付いて別な香りになったり、香味の交錯する様を追って飲んでいくと・・・標示のアルコール度数以上に酔います(本当に13%なんでしょうか?)。
    好き嫌いはハッキリ分かれると思いますが、すごいワインだと思います。
    こんなワインもあるんですね。

新着情報RSS

2019年07月31日
アルタ シャルドネ・トロンテス 2018年 ボデガス・カリア
薔薇やライチのような華やかな香り。軽やかで飲みやすく、しかもアロマティックに仕上がっています。
2019年07月31日
グラシェヴィーナ  クラシック 2017年 イロチュキ・ポドゥルミ 白 
味わいは斬新で素晴らしい(笑)。ヴェルシュ・リースリングにありがちな緩さがない(笑)。酸とミネラル感があり、非常にタイト。とても旨味があり広がりが自然で優しい。。抜粋栓後次第に粘性が増しオーストリアのグリューナー・フェルトリーナーに共通する舌触り。とは言え爽やかな軽さが身上のデイリー・ユースなスタイル。全てが程好いとても上質なデイリー・ワインなのです(笑)。
2019年07月31日
コントラプント アルバリーニョ 2018年 アグロ・デ・バザン 
白や黄色の花や果実 白桃の優雅な香り、複雑でバランス折り合いの美しさ。香りのベクトルに方向性を感じます。隙の無い液体の濃厚さ。複雑でとても単一品種らしく無いのですが(笑)、アルバリーニョの塩っぽさや旨味も感じます。もちろん木樽を使わないで到達していますから驚きです。
2019年07月31日
サン・レジェ 2017年 ドメーヌ・ラ・ガントランディー
ガントランディーらしい凝縮感があり無理のない折り合い。めちゃくちゃ飲みやすいスタイルではありませんが(笑)、健全で充実した味わいは、さすが!
2019年07月31日
キュヴェ・ドミニク カベルネ・ソーヴィニヨン 2007年 ドメーヌ・クロ・サン・ジョルジョ
基本除草剤は使わず栽培した葡萄を除梗して発酵。醸造はステンレス・タンク。そして新樽比率1/3で12ヶ月熟成後ステンレス・タンクで保存・熟成。飲み頃になると瓶詰め販売(笑)。ですからワインは安定しており、澱は無し。コルクは出荷前にデイアム1を打ちます。とても状態がよろしい(笑)。

酸化臭はまるで無く、まず、とろみを感じるほどの凝縮された舌触り。アルコール分は13.5%で無理を感じません。ただし圧倒的なカベルネ・ソーヴィニヨンらしいタンニンに驚くのみ。しかも10年以上の時を経ることでしか現れない壮麗なもの。ありがちな緩さがありません(笑)。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム