現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
MRAAM

モントナール・ルガーナ2013年 アジェンダ・アグリコーラ・モントナーレ

販売価格(税込):
2,082
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
イタリア白

イタリア ロンバルディア ルガーナD.O.C.白 750ml

マスキュー初登場のイタリア ロンバルディアの白ワインです。


味わいはまさにネクター。桃や柑橘類の果肉だけ搾ったかのようです。余分な雑味がなく、ふくよかなこと、この上ありません(笑)。翌日になるとはっきりしたミネラルを感じますが、冷やして飲むと、驚くほどのピュアネスなのです。


うーん。


こんなワインがあったとは!

目を開かされるワインです(笑)。

このワイン品種はトレビアーノ ルガーナと言い、世にいうトレビアーノです。???トレビアーノって、こんなに果実味豊かだっけ?

そーなんです。

経験的にトレビアーノというとアロマチックな印象はありません。安いワインや補助的に使われるイメージでした。

実は生産者のモントナーレは葡萄の皮がもつハーブ系の香りを避けるためにスキンコンタクトを一切行わないようです。一気に圧搾・搾汁するようです。一晩低温で澱を沈めたあと、上澄みのジュースだけを自然酵母で低温発酵。発酵後はシュール・リーの状態で6ヶ月間熟成、そして一週間に一度撹拌させます。全ての過程はステンレス・タンクで温度管理しながら行われ、マロラクティック発酵は基本的には行わないようです。雑味の排除と多量の酸の角を取ることに腐心しています。


ここに造り手の意図があります。


もちろん原料となる葡萄が良いことが前提ですが、この点抜かりがない(笑)。

通常の70%%ほどに収穫を抑え、極力農薬を使わない徹底した畑仕事が伺えます。このワインの膨らみと奥行きの深さ、味わいの明瞭さは、こうした過程なしには成し得ません。


あと深い粘土質の土壌や微気候といったテロワールと葡萄品種・栽培法がマッチしているからこそ、特徴的な独自の高みにこのワインが達していると実感します。


華やかさだけでなく、滋味深さも兼ね備えた代わるものがない味わいの由縁が、こんなところにあるはずです。


アジェンダ・アグリコーラ・モントナーレのオーナー一族がマスキューにお越し下さった際のブログ記事


※写真はイメージ
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 日本の柑橘の味

    2014/03/30 投稿者:水鏡綺譚 おすすめレベル:★★★★

    以前お店で、このワインの柑橘の香味は、日本の柑橘のそれだ、という話をしましたが、さて、それがなんなのか……?
    二年経って、今、分かりました。
    ハッサクです。
    数日前にルガーナの瓶が一本空になり、今、ハッサクを食べながら、「美味かったなあ…」と、ルガーナを思い出しています。
    なぜかカレーとよく合うワインです。

新着情報RSS

2019年05月26日
ヴーヴ・アンバル クレマン・ド・ブルゴーニュ ヴィエイ・アン・フュ・ド・シェーヌ
熟成香・樽香は程好くバランスがとれているし、ガメイを入れている意図は秀逸。徐々に立ち上がる香りは複雑でありながら明瞭。ミカン、パイナップル、ピンク・グレープフルーツ、桃、などの白から黄色い果肉が支配的。アクセントにチェリーや桑の実のような鮮烈な赤い果実味が加わります。
2019年05月26日
ペンコポタリーノ 2016年 ペトロ・パッラ・イ・ファミリア
美味しい(笑)!複雑な果実味には心打たれました(笑)。旨味、深みがあり、自然な味わいはヨーロッパの銘醸地のレベル。かといってオリジナルですから似たものが見当たらない(笑)。ポンティカ化したオキシデンタルとでも言いましょうか?圧倒的でありながらエレガントな佇まいは壮麗でもあります。
2019年05月26日
チャレロ 2017年 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)
ふくよかさな旨味が前面に。飲んだ瞬間旨い(笑)!正銘さを実感させます。香りは豊かで奥深く、華やか。チャレロ本来の良さを教えてくれます。薔薇や桃、マンゴー、グレープフルーツ、青リンゴなどの白から黄色の花や果肉が中から立ち上がる様は言葉を失なうほど。ゲヴュルツトラミネールのようなケバい出方(ごめんなさいゲヴュルツトラミネール)ではなく、ワイン自体の旨味に香りが溶け込んでいる感じです(笑)。
2019年05月26日
ダンテル 2018年 ドメーヌ・ルージュ・ブルー
第一印象は全体の折り合いが良い!とても13品種のブレンド品とは思えません。草のニュアンスと爽やかな柑橘類のニュアンスがとても印象的ですが、ひたすらエレガント。口中での抜けと広がりが美しいのです。
2019年05月26日
シャブリ ボーロワ 2017年 ドメーヌ・アラン・ジョフロア
ミネラル感と酸がしっかりありますが、大樽で熟成させるため酸の角が取れて、違和感なく楽しめます。クラシックな造りをするジョフロワの本領発揮.
2019年05月26日
1+1=3 ウ・メス・ウ・ファン・トレス
味わいはふっくらして優しく、広がり余韻の長さと、全体のバランスがとてもよろしい。1+1=3らしいフリーランのみを使ったかのような厚みはエクセレント。
2019年05月16日
ランプレッション・ド・シャトー・モーヴザン・バルトン 2011年
再入荷
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム