現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
RAICES

レイシス・デ・ガルナッチャ 2011年 ボデガス・サン・アレハンドロ

販売価格(税込):
1,650
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
スペイン赤・ロゼ

スペイン カラタユドD.O.赤 750ml


あの伝説のレイシス 1 後、カラタユドのガルナッチャだけを使ったモノ・セパージュ・ワインです。

一時期市場から無くなってしまいましたが、久しぶりの入荷です(笑)。

「レイシス 1 よりこっちの方がイイんじゃないか。」とファンの評価が高かったワインです(笑)。

ボデガス・サン・アレハンドロの造るガルナッチャはやはり良いですね。物凄い凝縮感がありながら、タイトに締まっていて、しかも雑味がない。タンニンが心地好く滑らかなのです。アルコール分は14.5%と高いのですが、溶け込みの良さと負けないボリューム感がワインにあります。

このワイン基本的に木樽熟成はしませんが、かえってその方がワインの良さが伝わります。カラタユドは内陸部の標高900mにも達する地。少ない降雨、激しい寒暖差、冬場の厳しい冷え込み。まさに限界の地と言えます。しかし、強い日差しと厳しい自然環境は偉大なワインを産む源にもなっています。暖かい低地で造られるワインとは自ずと、締まり、凝縮感が違ってきます。(収穫量も自然と少なくなりますから、葡萄生産者は大変ですが。)

しかも丁寧な造り由来のクリアネスを備えています。雑に評価されるガルナッチャにエレガントさがある!

マニアが高く評価するのも頷ける出来なのです。

スペインでは広く栽培されるガルナッチャですが、このカラタユドの地のガルナッチャがベストかもしれません。


あと、今は亡きレイシス 1のテイスティング・レポートですが、参考までに載せておきました。ご参照くださいませ。

先日、あるお客様から「レイシス1を飲んでみてください。」とのことで1本いただきました。なんでも友人から分けて貰ったそうですが、味わいが最初の頃と比べると落ちてるのかもしれないから、飲んでみてくださいとのことでした。

★抜栓後1日目

かなり強い樽香に覆われ、中の果実味が見えません。見えないというより果実味が無いのでは?というほどの線の細さです。樽香とアルコールとグリセリンだけのワインにしか見えませんでした。(カリフォルニアで良く見られるスタイルです。)わずかにマディラ香も感じられ、もうすでにピークを過ぎて熟成を期待できない状態のように感じました。

実は、レイシス1が日本に初輸入された折、家内共々ティスティングしていました。なんでもラファージュさんも関わったスペインのロマネ・コンティを目指した赤ワインで、あのジャンシス・ロビンソンが自身のホームページでヘアリー・モンスター(身の毛もよだつ怪物)と絶賛したワインなのです。かなり期待して飲んでみましたが、

「なーんだ、ただ樽香が強いだけのつまらないワインじゃん。果実味が無いよね。」
「ジャンシス・ロビンソンもいい加減なこというよね。」
「いくらラファージュさんがアッサンブラージュの天才と言ったって、そもそもコンセプトが間違っているのだから、無理だよね。彼も後悔してるんじゃない?」

実は、こんな訳でレイシス1を扱わなかった経緯があったのです。

★2日目

相変わらず強い樽香だけで、果実味の輪郭はぼやけたままです。これで終わりなのかという状態です。

「うーん。土俵際いっぱいだね。逆によく踏ん張ってるくらいだね。酸の無いワインだと、ここまで保たないよね。酸が無い訳じゃないね。」

「でも、レイシス2がリリースされないのが、すべてを物語っているんだろうね。」

ただ、たしかにこのワインはコストがかかっていますし(なんといってもスペインのロマネ・コンティ目指してますから。)、かといってスペインワインがカリフォルニアワインのようなダメになり方をするとは思えません。

樽香がもっと弱くなって、ワインの果実味のベースまで確認しないといけません。

果実味(酸)が無いはずはありませんから。


★3日目

3日目に驚くことが! 

旨いのです。

マディラ香がなくなり、果実味の巨体がしずんでいるのです。

ただ輪郭はハッキリしないのですが、黒や赤のベリー系の果実味が凪ぎの海のようです。

えっ!?

全く予想しえないことがおこったのでした。

ただびっくりしました。うーん。

ワインって難しいです。このワイン、どのように評価すべきか?

あと気になるのが、最初に感じたマディラ香です。保管中についたものか?それとも本来の熟成に伴い出て来たものか?ワインの正しい評価は難しいです。一概にダメとは断定できません。その時気が付かないところに良さがあったりしますから。

またティスティングレポートでレイシス1のことをここまで書いた以上は、売らない訳にはいきません。(このまま何も書かないで、シカトこいて隠れて1本飲めばいいだけなのですが(笑))ただの悪口野郎になってしまいます(笑)。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2019年11月09日
クエルチア・ディ・アニバーレ・ビアンコ・バジリカータ 2018年 テヌータ・タウリア
微発泡。再入荷。
2019年11月09日
ペンコポタリーノ 2017年 ペトロ・パッラ・イ・ファミリア
再入荷
2019年11月04日
ネクター・ダブリコ 2019年 レ・サブール・ルトルベ
以前ご好評いただいたネクター・ダブリコの再入荷です!
2019年10月23日
『アンジュ』2017年 ブルノー・アンドリュー
シラー由来のベリーのニュアンスにグルナッシュ特有の粉っぽい甘さ 良いカリニャンの甘い酸。
全体に力ずく感がなく(笑)、とても纏まりがよろしいかと(笑)。しかもルーション・ヴィラージュとしてはお買い得(笑)。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム