現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
PZFND

ペズナ 2006年 ドメーヌ・ド・フォンデュース 赤

販売価格(税込):
1,527
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
フランス赤

南フランス コトー・デュ・ラングドックA.C. 750ml


マスキューではキュヴェ・ジュリエットでお馴染みのドメーヌ・ド・フォンデュース。ラングドックのペズナにある優良ドメーヌ。しっかりと瓶熟成してからワインを出荷することで知られています。

近年のA.O.C.改編により、2011年産からラングドック・グラン・クリュを名乗ることが出来るようになりました。ラングドックの選ばれた地となった訳です(笑)。

ただし、このワインは2006年ヴィンテージですから、アペラシオンは通常のコトー・デュ・ラングドック。でもラベルを見ると昇格を見越してますね(笑)。

味わいもラングドック・グラン・クリュに相応しい筋のとおった熟成した味わい。抜栓後2、3日してからの方が旨味が増す質の高さ。出色の出来映えです。

セパージュはシラー70%、グルナッシュ30%。割合以上にグルナッシュのニュアンスを強く感じますが、ラズベリーのような赤いベリーの香りがしっかりあります。やはりシラー。ただシラーが香りというより構造の良さに貢献してますね(笑)。力強さと言うよりは構造体の良さ。ありがちな力頼りでないところが素晴らしい。

軟弱ではないエレガンスがあります!

もちろん長い熟成期間にもよるところが大きいはず。この価格で壮麗と言うと言い過ぎですが(笑)、立体的なのが凄い。あと粉っぽく感じるのは木樽由来のニュアンス。フレンチ・バリックの影響か。上質なローヌに見られるインクっぽさはエキゾチック。

2006年のラングドックのワインが、こんなに素晴らしい状態で飲めることを考えると、やはりラングドック・グラン・クリュの指定は当然ですね(笑)。

まだ先々が想像できる優れたワイン。今年のコストパフォーマンス第一位赤ワインです!
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2020年05月30日
グレコ ・ディ ・トゥーフォ  2015年 テヌータ ・カヴァリエル ・ペペ
肉!香辛料やスパイスをしっかり使った豚肉には相性が良さそう。山のワインらしく魚ではなく肉に合わせたい白ワインなのです(笑)。
2020年05月30日
フィアーノ・ディ・アベリーノ 2015年 テヌータ ・カヴァリエル ・ペペ 
タウラージ村の南西隣のラピオ村の丘陵地に広がる畑は粘土白亜質土壌、仕立てはギョイヨ式。ブドウを手摘みしセラーで厳しく選別、ステンレスタンクで8℃24時間の低温浸漬。圧搾後15~18℃をキープしながら発酵させ、ブドウのフルーティーなアロマを全てワインに移しとる。シュール・リーで2ヶ月熟成後、瓶詰めして更に2ヶ月熟成。リリースされてからの保存・熟成の状態が良く、まだまだの伸び代たっぷり(笑)。
2020年05月30日
イルピニア ・アリアニコ  2012年 テヌータ ・カヴァリエル ・ペペ 
決してコテコテのワインではありませんが、旨さのあまり意思に反して飲み込んでしまう旨さは尋常ではありません(笑)。
これほど飲みやすく美味しいアリアニコは、かつてのティオメーデの忘れ形見以来でございます(笑)。
2020年05月30日
タウラージ  オペラ・ミア 2012年 テヌータ・ カヴァリエル ・ペペ
飲んで第一声はフル・ボディー!
圧巻でございます(笑)。でもですね、今飲むにはもったいない。少なくともあと3~5年くらいは待ちたい。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム