現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
VIGNE

『ジュ・ド・ヴィーニュ』2011年 ドメーヌ・ド・カザバン

販売価格(税込):
1,480
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
フランス赤
南フランス コート・ド・ラストゥールI.G.P. 750ml 赤

南フランス カバルデスA.C.のスター ドメーヌ・ド・カザバンの久しぶりの登場です(笑)!

カバルデスA.C.は1999年にAOCに昇格した比較的新しいものです。場所はラングドックの最西端、南西地方の東端にあり、地中海と大西洋の間といったところです。そのためかカバルデスA.C.ではグルナッシュやシラーを40%以上、カベルネ・フランやカベルネ・ソーヴィニヨン及びメルロを併せて40%以上の割合でつくることになっています。オキシデンタルとポンティカを混ぜる変わったワインをつくります。気候的には、夏場雨が降らない割に乾燥しない恵まれたところなのです。

ところでドメーヌ・ド・カザバンですが2007年がファーストリリースの新星です。当主のメンガスさんがクレア夫人と二人で6ヘクタールの畑から有機栽培で精魂込めてワインを造っています。メンガスさんはソムリエから始め、ワイン醸造に転身した努力家です。そしてそのワインの途方もない出来から、いきなりニュースターに登り詰め、いまや入手が極めて困難なワインとなりました。

このワイン『ジュ・ド・ヴィーニュ』は以前取り扱っていた『ド・モワゼル・クレア』の下のキュヴェ。A.O.C.規定外のシラー100%の赤ワインです。表記はI.G.P.コート・ド・ラストゥールとなっています。たっぷりとしていながらも豊満過ぎないバランスの良いスタイル。2011年が6年経ってたどり着いた感です(笑)。いかにも凝縮した濃い色合い。親しみやすい熟したベリーの香りとスパイシーさ、十分な厚みを伴った果実味と健康的な甘さの案配がグッド(笑)。ニュー・ワールドのように極端に甘さを強調することなく、かつての『ド・モワゼル・クレア』のような目が痛くなるほどのスバイシーさでもなく(笑)、程よいのです。アルコール分を13.5%で仕上げたところにカザバンの進化を感じますね(笑)。特に後味の甘さの抜けのよさは秀逸です。

抜栓直後はすぐに調子は出ませんが徐々に良く熟したストロベリーのニュアンスがしっかり出てくる点、正銘さを感じます。飲む30分ほど前から抜栓して、満を持して肉料理とともに堪能したいワインです(笑)。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2017年12月21日
シャトー ジスクール 2012年
ジスクールのファンっておられますよね。マルゴーらしいところがファンの心を離さないようです。こう言う私もその一人でございます。ちょっと高いんですが(笑)。
2017年12月16日
ヴァルディビエソ ブラン・ドゥ・ブラン 2013年 ヴィーニャ・ヴァルディビエソ
ヴァルディビエソは1879年設立の名門老舗ワイナリーです。南米大陸で初めてスパークリング・ワインを造ったことでも有名。近年では国内の良好なテロワールで得た葡萄を使用したバラエタル・ワイン、絶妙なブレンドのリッチな赤も注目されており、「チリ屈指」のワイナリーとしてその名声を確立しています。
2017年12月16日
ロッカ・イ・モラ グラン・レゼルヴァ 2010年 セラーズ・ウニオ
しつかり熟成したテンプラリーニョは美しく。赤いベリーの香りに黒系のプルーンやブラックチェリーなどの完熟した果実の複雑なニュアンス。更にオレンジや枯れ草が混じり、チョコレートやタバコ、スパイスの香りが余韻を豊かにしています。今まさに一度目の熟成のピークですね(笑)。麗しいクラシックな味わいのスペイン・ワインなのです。
2017年12月16日
カスティーリョ・デ・エンビー 2012年 ボデガス・イグナシオ・マリン
トップノーズはガルナッチャ由来のプラム系の香りが甘く漂いますが、ベリー系の香りが内から重層的に感じ、フレッシュネスと厚みのバランスがとても良い(笑)。重すぎない、強すぎない案配は時間の経過とともに柔らかで豊かなな飲みやすさとなっていきます。樽のニュアンスが全く邪魔にならない。ローストビーフに合わせたくなると言えばこのワインのレベルが伝わるかな(笑)?
2017年12月14日
ドンナルーチェ 2016年 ポッジョ・レ・ヴォルピ
ドンナルーチェ2016年が入荷しました!アルコール分はいつも通り13%。でもですね、瓶とラベル・デザインは変わりました。さらにゴージャスになっています笑)。
2017年12月14日
カベルネ・ソーヴィニヨン 2016年 ラダチーニ・ワインズ
ワイン自体はニュートラルでストレスが無く、いわゆる東欧の質実さを感じます。香りはおとなしめですが、プラム ブラック・チェリーやダーク・チェリーの果実にチョコレートっぽさが加わります。ちょっとオー・メドックのカベルネみたいかな(笑)。ミディアム・ボディーの液体濃度はフレンドリーで、上質なデイリー・ワインに仕上がっています。
2017年12月14日
ブラン・ド・カベルネ 2016年 ラダチーニ 
香り自体は極端にアロマチックではありませんが、かなり複雑。パッション・フルーツ、桃、グレープフルーツなどの柑橘類の香りに青草やスモモのような爽やかな風味。東欧らしい硬質な広がりと伸びのある味わいは心地良い!
2017年12月14日
『カ・デル・マグロ』2014年 モンテ・デル・フラ
ヴェネト州西部ガルダ湖近郊のD.O.C. バルドリーノに1958年創業のモンテ・デル・フラ。その堅実なワインづくりが実を結び、現在140ヘクタールの畑を所有。また、隣接するD.O.C.域内にも畑を購入し、バルドリーノの外ヴァルボリッチェラ・クラシコ、アマローネ等も生産。着実な歩みを続ける注目の生産者です。
2017年12月14日
メーヌ・シュヴァリエ ルージュ 2011年
私個人的にドメーヌ・シュヴァリエ好きなんです(笑)。軽やかですが味わい深い。
2017年12月14日
シャトー ボー・ソレイユ 2012年
4ヘクタールの畑にメルロー95%、カベルネ・フラン5%が作付けされてます。収穫量を低く抑制し、1本の葡萄樹に6房のみしか残さないとか。フルボトル1本以下の搾汁率。新樽の比率も1/3程度と程好い。地に根差した実直なワイン造りをしてますね。
2017年12月14日
ソシアンド―マレ 2010年
2010年のソシアンド―マレ見つけちゃいました。これだったら文句は出ないかな(笑)?
2017年12月14日
シャトー ラグランジュ 2011年 
やはり、ラグランジュくらいはセラーに置いておかないとカッコつきません(笑)。
根強いファンがおられます。
横浜・川崎(鶴見、川崎、関内(野毛)、溝の口、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。
時代屋・オールドオー グループには桝久商店がオーナーたるタウザー(関内店)も参加しています。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

(C)Copyright 2012 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム