現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
PRPVI

パッソ・ロッソ 2014年 パッソ・ピッシャーロ

販売価格(税込):
4,165
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
イタリア赤・ロゼ
今、昔のブログを検索しながら確認したのですが、パッソ・ピッシャーロを初めて飲んだのは2008年の5月、2006年ヴィンテージを飲んでいました。驚くべき凝縮感でした(笑)。怒濤のフランケッティー
時代のワインだったようです(笑)。ただマスキューの扱いは2007年で最終。2008年から標高違いのキュヴェを増やすことになったために、パッソ・ピッシャーロの地位が低下(笑)。品質も…。
レ・クーポレ・ディ・トリノーロを目指したような極端なポジティブ・セレクションではなく、どうやら畑個別売りの方向を選択したようです(笑)。そうすることでワイナリーの効率が上がります。


その後はかなりややこしく(笑)、以下のインポーターさん資料によります。

2012年ヴィンテージまでパッソピッシャーロという名称でしたが2013年からパッソロッソへと名称を変更しています。パッソピッシャーロは元来、S.Spirito、Moganazzi、Favazza、Feudo di Mezzo、Malpasso、Guardiolaの小エリアを指す言葉。
標高は600m-1,000mに位置しており複数の畑のブレンドで造られており、エレガントなネレッロ・マスカレーゼ種の魅力がお手頃に楽しめる1本です。2013年までI.G.T.ワインでしたが、2014年からエトナ・ロッソD.O.C.ワインになりました。
。パッソピッシャーロは標高550m-1000mの間にかけて畑を所有していますが、1966年にワイン法で原産地呼称のエトナのD.O.C.が定められた際にエトナ・ロッソD.O.C.ワインには畑の標高の上限があり、標高800m以下までと定められていました。当時、標高800m以上にも畑はあったものの、ワイン生産者がいなかったため境界が800mで引かれてしまいました。パッソピッシャーロのオーナーである、アンドレア・フランケッティ氏はエトナでワインを造っている以上、エトナ・ロッソのワインを1アイテムでも造りたいと考えていましたが、所有している800m以下のエトナ・ロッソD.O.C.の畑だけでは畑が不足しているため、シチリア産のI.G.T.ワインとして販売していました。しかし、2012年に標高650mにあるエトナ・ロッソD.O.C.の畑を僅かですが購入すること
で生産量を補うことができました。現在はパッソロッソに使用しておりこの畑のブドウは2013年にも一部ブレンドされていましたが、2014年ヴィンテージからは原産地呼称を新たにエトナ・ロッソD.O.C.ワインとしてリリースすることになりました。

要は、今のパッソ・ロッソと以前のパッソ・ピッシャーロは違います(笑)。
でもですね。このワインとても宜しい(笑)。ネレッロ・マスカレーゼのビノ・ノワール的な美しさがあります。もちろんブルゴーニュのビノ・ノワールとは違いますが(笑)、ちょっと泥臭くプリミィティブな印象はグッド(笑)。ミネラル感の強いネレッロ・マスカレーゼにはクリアネスが似合うことを教えてくれます。もちろんシチリアらしい力強さが伴っていますから、深みがあり美味しいのです(笑)。
アルコール分が15%もありながら、折り合いがついているのです!シチリア+標高の高い畑+ネレッロ・マスカレーゼ=
でしか出来ないワインなのです(笑)。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2018年12月14日
カピテル・モンテオルミ アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ クラッシコ リゼルバ 2011年 テデスキ
アマローネと言えばテデスキ!
あまり語る必要はありませんね(笑)。

これは2011年のとびきり良い収穫年のもの。
2018年12月14日
メルロ 2017年 ラダチーニ
調べると1本の葡萄樹からフル・ボトル1本半ほどの果汁しか得ていません。しかもプレス果汁は使いません。(歩留まりは50%ほど)
小粒のプラムやフランボアーズの完熟した果実がみっちり(笑)。一口でメルロと解りますが、何処のメルロと聞かれると困る(笑)。オリジナリティのあるメルロですね。あとラダチーニらしい透明感のあるタンニンはシルキーで上等(笑)。フリーラン由来の旨味が全体を高級に演出。この価格帯ではずば抜けた品質。これこそモルドヴァの産地としての優位性を実感させるもの!恐るべしモルドヴァなのです(笑)。
すべてのワイン・ファンは飲むべし!新たな神話を予感させます。
2018年12月14日
オリヴェート クラッシコ 『トッリチェラ』 2016年 ビジ
白、黄、赤などの果物が複雑に入り交じり壮観。しっかり酸があり薄さを感じません。しかも、麝香のような官能的な香木のニュアンスもあり深みを感じる出来栄え。構成の複雑さ、全体の折り合いの良さ、生命力はスタンダード品より1枚上。
2018年12月14日
オリヴェート クラッシコ セッコ 2017年 ビジ 
桃のようなふっくらした香りに、レモンやグレープフルーツの柑橘類の酸味が折り合い良く調和し、後味のアーモンドっぽい苦い香りが上手くワインをまとめています。旨味のある粘りは心地好く、あっという間にボトル1本空いてしまう。完璧なデイリー・ワインでございます(笑)。有りそうで無い高品質なデイリー・ワインなのです。
2018年12月13日
ピースポーター ゴールドトリュプヒェン リースリング S.P.T.2017年 トリアー慈善連合
モーゼルらしいリースリングを飲むにはまずはこれ(笑)
2018年12月13日
シュタインベルガー リースリング シュペートレーゼ  2017年 クロスター・エーパーバッハ
クラシックなリースリングの味わいを楽しめる数少ないワイン。
2018年12月13日
ベルンカステラー バートスチューべ アウスレーゼ2003年 J.J.プリュム
この前に見つけたバートステューベのアウスレーゼは2007年。今回なんと2003年を見つけちゃいました(笑)。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム