現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
RADERA

ラデラス・デ・レオニア メンシア 2016年 マキナ・イ・タブラ

販売価格(税込):
2,357
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
スペイン赤・ロゼ
スペイン ヴィノ・デ・ラ・ティエラ・ディ・カスティーリョ・ィ・レオン 赤 750ml

『ラデラス・デ・レオニア』とはレオニアおばあさんの斜面の意味。畑はカスティーリャ・イ・レオンのビエルソ周辺。
ヴィノ・デ・ラ・ティエラは地酒フランスで言うとヴァン・ド・ペイなのですが、カスティーリョ・ィ・レオンとしか産地限定していませんから、ビエルソ周辺としか言いようがありません。醸造所も域外なのでしょうね。
このワインも同じシリーズの『パラモス・デ・ニカシア』同様に解らないところだらけでございます(笑)。
品種はどうやらメンシア100%のようです。開けたてはビオ臭がありますが、『パラモス・デ・ニカシア』ほど強くなく(笑)、クレーム・ド・ブリュレ(笑)。枝豆の香りは隠し味程度(笑)。
味わいは驚き!凝縮したメンシアの果実味が突き抜けます。ビエルソのメンシアは幾つか飲みましたが、パワーはこれがずば抜けています。基本的に硬質な果実味フランボワーズや小粒のプラムなのですが、重厚なタンニンの壁を突き破るほど。ロワールの古典的なカベルネ・フランに似てるかな?う~ん。そうだ!クロード・ネルのワイン。それもルフレーヴに変わる前のワインに似てますね(笑)。まあ、このメンシアは産地がスペインですから、より暖かみがありますが(笑)。
あとこのワイン、ヴィノ・デ・ラ・ティエラと表記されていますが、現行の規定とは違います(笑)。特例の多い彼の地ですが、あまりに不親切(笑)で不明な点多し(笑)。
造りもバリックにて全房発酵、樽熟成したような、いわゆるビオ系の生産者がよくやるような方法を踏襲しているような味わいなのですが、カタログではそうじゃない(笑)。
私の想像の域を飛び越えた、よく解らないワインでもございます。
でも『パラモス・デ・ニカシア』同様に心に突き刺さるグレートな味わいに私はやられちゃいました(笑)。



インポーターさん資料より

マキナ・イ・タブラはオリオルとスサナの若いカップルが2013年にカスティーリャ・イ・レオンで立ち上げた小さなプロジェクトです。オーナーの一人、オリオル・イジャ氏はもともと銀行の出身です。しかしすぐに金融の世界に嫌気がさし家族でレストランを開業。そこでワインに興味を持ち始め、伝説のプリオラート、クロ・モガドールを試飲中にルネ・バルビエのもとに飛び込み直談判。ルネを説き伏せプリオラートに移住して修行を始めます。その後、コンサルタントや醸造家として活躍し、消えゆく地ブドウ、スモルを使った自然派ワインのはしりともいえるワイナリーを設立するなどひたすら走り続けた10年余り。ついに自らの理想にかなった畑をもとにマキナ・イ・タブラが誕生します。個性をそなえた古い畑を自ら足で探し歩いたため畑は各地に点在しています。畑ではビオディナミ農法を実践。醸造設備は借りて自分たちの思い描くワイン造りをしています。ワイナリーのコンセプトは「生き方」。土地に敬意を払い小さな家族経営のワイナリーで起こる全ての出来事を愛でています。

ステンレス・タンク、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵   
熟成:オーク樽熟成18カ月(フレンチオーク、225L、500L、600L、2500L、新樽は使用せず)
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2020年10月08日
ソールティ 白 N.V. モンテ・ディ・ロアリ
再入荷。限定品です。
2020年10月15日
『ヌラグス』2019年 パーラ
2019年ヴィンテージで再入荷しました
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム