現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
CASTL

フランチャコルタ・キュヴェ・22 ブリュット カステッロ・ボノミ 

販売価格(税込):
3,771
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
イタリア白
その他の発泡性ワイン
イタリア ロンバルディア 発泡性 白 フランチャコルタD.O.C.G. 750ml

イタリアの発泡性の白の頂点を極めるフランチャコルタ。イタリアではもっとも高級な泡として君臨。世界的にもシャンパーニュに比肩した高級品として珍重されています。でもですね、実際にD.O.C.G.
として確立されたのは1995年。泡の産地としてはそんなに歴史は古くありません
(笑)。2~30年前日本にはフェラーリくらいしか見かけませんでした。もっとも岩野先生が日本に紹介したものですが…。
マスキューではカ・デル・ボスコのフランチャコルタが定番。フルーティーで旨味があり、とても飲みやすくフレンドリー。日本人にはシャンパーニュよりフランチャコルタの方が嗜好に向いているなんて思えるものです(笑)。
シャンパーニュ同様フランチャコルタも割りと装置産業的なワイン造りになり勝ちで、メーカーも巨大化・寡占化していますが、このカステッロ・ボノミは所有畑は26ヘクタールほどの家族経営。フランチャコルタでは唯一のシャトー・ワイナリーです。とっても美しく格の高さを感じるお屋敷です(笑)。お屋敷を囲むようにある畑はテロワールの異なる20ほどのクリュに別れ。それらの葡萄を組み合わせることで、独自のエレガントなスタイルに仕上げます。

このキュヴェ・22はボノミが自身のフランチャコルタのエントリー・アイテムとして新たにリリースしたもの。自社畑の22ヵ所のクリュで収穫したシャルドネで作っているので22と命名。
特徴的なのは原料ワインをシュール・リーの状態で24ヶ月ステンレス・タンクで熟成したのちに6ヶ月の瓶内発酵熟成をして作っています。瓶熟成の期間が短いため、上のグラン・キュヴェと比べると泡立ちに関しては物足りなさを感じますが、ワイン自体の良さは良く似ており、遜色のない出来映えです。泡立ちも食事しながら飲む分には問題ないレベルです(笑)。

レモンやグレープフルーツの香りが芯になり、一つの世界が完結している様は美しいの一語。とてもチョーキーではありますが、香りの芯とマッチしており、不自然さ押し付けがましさがないエレガンス。シャンパーニュのようなナッツィーさやブリオッシュのニュアンスに訴求力はありませんが、あくまでも果実味を第一義とするフランチャコルタ。ブリュット表示ではありますが、それ以上にドライに感じタイト。ドザージュはグラン・キュヴェと同じ8g/L。マロラクティック発酵はしているはずですから、その総酸の量は半端ないはず。原料ワインはグラン・キュヴェとほぼ同じかも(笑)。原料ワインの濃さにより、飲んだ印象ではより甘く感じる。フランチャコルタらしい充実した果実味がありながら、ドライでタイトに感じるのは酸所以。
ここで、あれ?と思われた方。鋭い(笑)!
辛くて甘いなんて??
実は自称3名のプロがテイスティングしたおり残糖分(ドザージュ)の量が問題となりました。
自称プロ達のブラインド・テイスティングでは1L中7~12gと定まりませんでした。
自称プロその1「う~ん。これ切れ切れな多量の酸を予想して7gかな?」
自称プロその2「辛いけど下にしっかり甘さがあるから10~12gあるんじゃない?」
自称プロその3「間をとって8g!(笑)」

ボノミらしいスタイル。フレッシュに感じる酸と、旨味の酸の総量とのバランスの取り方はグラン・キュヴェ同様にハッとさせられるもの。液体を飲み込んだ後にフレッシュな酸の大きな広がり、抜けの良さ。そしてそれを追うような甘味に繋がる旨みの酸味が余韻としていつまでも残る様はまさにボノミ・スタイル。

まあ、好みによるとは思いますが、フランチャコルタとしてのコスト・パフォーマンスはかなり高いと言ってよろしいかと(笑)。特に食事をしながら楽しみたいですね。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2021年03月03日
アルデーヤ ガルナッチャ 2018年 パゴ・アイレス 
甘く飲みやすい口当たり。ブラックやレッドの小粒なベリーの果実味は黒トリュフや海藻、ニッキやエキゾチックな香木のニュアンスを纏い、自然な伸びやかさ。ヘビーに近い中庸な有り様はお値段以上(笑)。
2021年01月29日
ヴィニャ・トンドニア レゼルバ 2007年
ワインの評価本や評論誌のリオハの項目で必ずトップを飾るワインですから、詳しくはそちらをご覧くださいませ(笑)。
2021年01月29日
シャトー スゴンザック ヴィエイユ・ヴィーニュ 2016年
抜栓後の持ちが良く崩れません。レベルの高さが分かろうかと(笑)。レベルに書いてあるヴィエユ・ヴィーニュは伊達ではありません。古木ならではのしっとりとした凝縮感由来の旨味を感じます。
2021年01月28日
レ・トゥール・ド・ボーモン 2014年
飲んだ印象は特別な訴求力は感じませんが(笑)、それがこのワインの至上。どう言うことかと言えば、すべてのシチュエーションで邪魔にならないのです(笑)。軽く飲みやすい飲み口なのですが、薄くなく、凪の中のよう(笑)。歓談しながらの食事 そしていつの間にかボトルが空いている。追加でもう1本!

レストランのマスト・アイテムですね(笑)。
2021年01月22日
ランブルスコ・ディ・ソルバーラ セッコ ザナージ
再入荷
2021年01月22日
ネロネット 2018年 ジョージ・ウヘレク 
このネロネットを使った赤。かなりユニーク(笑)。最初の印象はアマローネ。でも、じっくり飲んでいくとアマローネとは違う(笑)。今まで経験をしたことのない味わい。不滅の印象もあり、かなり驚き感動しました。
2021年01月22日
パンノンハルミ トリコッシュ レッド 2019年  パンノンハルミ・アバーチャーギ・ビンツェーセト 
高貴とは言えませんがフレンドリー。タンニンはあくまでも滑らか。誰が飲んでも美味しいと言う出来映えです(笑)。赤ワインが苦手のワイン初心者から何十年もワインを飲み続けた強者も美味しく感じます(笑)。これってありそうでない!確かにセパージュ由来の果実味がはっきりと伝わってきます。
2021年01月21日
シャトー・クロノー 2018年
再入荷
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム