現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • 限定品
商品コード:
VYBLB

ヴィラ・ヤンボル マスカット 2020年 

販売価格(税込):
770
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
その他
限定特価品

ブルガリア 白 トラキアン・ヴァレー  750ml

フランス、イタリアよりずっと早くワインが造られ始めたブルガリアのトラキア地方。ギリシャ同様紀元前3000年の歴史を誇ります。また、一説にはギリシャを遡るワイン発祥の地として紀元前5000年の歴史があるとも。いずれにせよ、ワイン用の葡萄の原産地ですから古いのはたしかです。また、日本との関係も古く、1970年代から、ブレンド用として多くのブルガリア産ワインが輸入されていました。当時の日本は国産ワインの表示義務がかなりいい加減でしたから、知らずに飲んでいたのではないかと思います(笑)。

そう言えばかつてメルシャンが『ボイヤール』銘柄でブルガリア・ワインを日本へ輸入してましたね。当時、ボルドー飲むより安くて美味しかった記憶があります(笑)。この時期、特に品質の高いカベルネやメルロ等のヨーロッパ品種を主にソ連に輸出し好評を得ていたようです。

そして混乱と荒廃の1992年の民主化、2007年のEU 加盟を経た現在、国際市場を意識した素晴らしいワインが多く誕生しているようです。

このワイナリーはブルガリア南部バルカン山脈が背後にそびえるワイン産地トラキアン・ヴァレーに畑を持つヴィラ・ヤンボル。ブルガリア国内でも特に古い1924年設立のワイナリーです。トラキアン・ヴァレーは、生育期は暑く乾燥し、秋には穏やかな快晴が続くブドウ栽培適地です。葡萄は良く熟し、しかも収穫期にアクシデントが少ないようです。このため、ボルドー品種のカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロの栽培により各国で高く評価されました。中でもヴィラ・ヤンボルはそのスペシャリストとして一目を置かれる存在です。

マスキューの定番で同じ価格帯のカベルネ・ソーヴィニヨンはそのコスト・パフォーマンスの高さ故、さまざまな雑誌やコンテストで絶賛。皆様におかれましても必須アイテムとご愛顧されております
(笑)。

これはマスカット・オットネルを使ったとてもドライで軽い白。マスカット独特の香りより薔薇の香りが強く、ゲヴュルツトラミネールのようです(笑)。とは言えゲヴュルツトラミネールのような粘りや濃さとは無縁なとてもドライな味わい(笑)。トロピカルな香りの下に青リンゴやライム、レモンの爽やかなリンゴ酸がちゃんとありますから、飲み疲れしないスタイル。合わせる料理も幅広く、特にポテトサラダは鉄板。牛肉以外なら何にでも合いそうですね(笑)。気軽に何も考えずに、ポテトチップス食べながら飲むも良し!有りそうで無い、嬉しいワインでございます(笑)。特に辛口白ワイン初心者や女性にはオススメ(笑)。嵌まること間違いなし(笑)!

インポーターさんの資料によると『醸造は完熟したブドウを手摘みし、注意深く選別。除梗、圧搾後、 13℃で20日間の発酵。ステンレスタンク使用。安定化、ろ過。』いわゆるワインのアルコール発酵酵母は15℃以下だと発酵を始めませんから、特殊な酵母を使っているようです。それとこの白ワイン、残糖分はなんと1L中1.9gしかありません。通例辛口白ワインの残糖分は1L中4g前後ですから、かなり異例。糖分を低温でよく食べる酵母を採用しているようです。また、同時にマロラクティック発酵を起こさせない意図も同時に達成しているような気がします。マロラクティック発酵は20℃を越えないと起こりません。理論的にはかなりドライで酸があるスタイルとなります。
あと経験的に思うのですが、ここまで残糖分が無いと違和感を感じることがあるのですが、味わいに違和感を感じません(笑)。それより斬新さに心奪われでしまいます(笑)。
イノヴェーションを感じる白ワインです
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2022年05月18日
シャトー ラツール・ア・ポムロール 1974年
ネゴシアン保存の品です。
日本に来たばかりです。ちょっと液面は低いですが、色はマホガニー。まだピンクにはなっていません。
2022年05月18日
シャトー プジョー 1975年
ネゴシアン保存品です。よくあったものです。
2022年05月18日
シャトー プジョー 1970年
ネゴシアンの保存品です。まあ、よくあったものです。状態も良さそうです。
2022年05月18日
ヴィレ・クレッセ "レ・カール" 2019年 ドメーヌ・アンドレ・ボノーム
この"レ・カール"は2018年がファースト・リリース。リューディー"レ・カール"
の由緒ある1ヘクタール弱の区画です。ちょうどメナールの南の傾斜の強い区画のようです。新たに購入した区画です。
水捌けの良いことからより凝縮感が増し甘さを強く感じるスタイルです。
2022年05月18日
ヴィレ・クレッセ "レ・オー・デ・メナール" 2019年 ドメーヌ・アンドレ・ボノーム 
この黄色のロウ止めキャップのヴィレ・クレッセは今までのアンドレ・ボノームにはなかった小区画(クリマ)シリーズのものです。最近リリースされたもの。アンドレ・ボノームの新たな境地。新たなビジネスかな(笑)?
2022年05月12日
ダックホーン カベルネ・ソーヴィニヨン 2018年
『メルロー』同様ディティルにこだわっています(笑)。樽熟成は新樽比率が50%で16ヶ月。『メルロー』より若干長め、強めの熟成をさせています。やはりカベルネ・ソーヴィニヨンの方がメルローよりタニックであるようですね。基本メルローもカベルネ・ソーヴィニヨンも同じプラム系のニュアンスなのですが、カベルネ・ソーヴィニヨンの方が強く硬い印象です。あと若干ラズベリーのニュアンスも加わります。いわゆるオーパスなどに代表されるがっちり渋目のカベルネ・ソーヴィニヨンよりもっとフレンドリーなスタイルのカベルネ・ソーヴィニヨンと言えますね(笑)。メルロー味のカベルネ・ソーヴィニヨンかな(笑)?
2022年05月12日
シャトー ラランド・モース 2012年 
瓶詰めされてから8年ほど経っていますがとても明瞭な果実味、全体のまとまりの良さは高品質の証。しっかり熟成を感じるのですが、古さもなく真っ直ぐな衒いのない様は本来的な良さの現れ。腐葉土や黒トリュフのニュアンスはあるのですが、プラムやラズベリーの果実味が軽やかに立ち上ぼります。重心の高さが特徴的。この点ポムロールとは違います。
2022年05月12日
ラングドック 2016年 トラディシオン ドメーヌ・ル・ヌーヴォー・モンド
抜栓直後はやや甘さが勝っていますが、赤い果実、乾燥イチヂク、スパイス、森の香り。酸、タンニンの質感が増すめくるめく様に陶酔してしまいます
2022年05月12日
ビショッフスクロイツ ゲヴュルツトラミネール 2020年 カール・フォフマン プファルツ Q.b,a
香りはライチや薔薇、パッションフルーツ。舌に心地好い重さと粘性。長くて綺麗な余韻にはハニーさとスパイスが溶け込んでいます。残糖分は1L中5.9gほど、酸とのバランスによりとてもドライに感じます。しっかり酸を感じます。醸造・発酵時の温度管理はかなりしっかりやっている味わいですが、やはりアルザスより冷涼なためこんなスタイルのゲヴュルツトラミネールが出来るようですね
2022年05月12日
ダックホーン『ディスカッション』 2017年 ダックホーン・ヴィンヤーズ
新樽で18ヶ月の樽熟成したのちワイナリー所有の古い樽に移してさらに6ヶ月熟成したもの。最終的には新樽で24ヶ月の熟成を目指したいのでしょうが、ちょっと抑えたところに矜持を感じます。ワイン自体の果実味はとてもメルロー的でありながらその果実味を最大限引き出しながら、骨格を強くして構造を複雑にする。それを最大限目指したワイン。カリフォルニアのいわゆるカベルネ・ソーヴィニヨン信仰とは別世界を目指す意欲を感じます。
2022年04月29日
ダックホーン『スリー・パームス・ヴィンヤード』メルロー 2018年 ダックホーン・ヴィンヤーズ
この『スリー・パームス・ヴィンヤード』がワイン評論誌でトップの評価を得て、ダックホーンを世に知らしめました。ダックホーンのエスプリと言えましょう。
2022年04月29日
ダックホーン メルロー 2019年
ご存知カリフォルニア・ナパヴァレーのダックホーン・ヴィンヤーズのメルロー。ダックホーンはカベルネではなくメルローのスペシャリストとして特に名高い。これはそのエントリー・レンジのメルローです。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

© 2005-2021 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム