現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • 限定品
商品コード:
CHIRO

チロ・ロッソ クラシッコ 2013年 ジート

販売価格(税込):
1,210
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
イタリア赤・ロゼ

イタリア カラブリア チロD.O.C.750ml 赤


※特別価格品
※マスキューの愛するチロでございます。
でもですね、とても残念なことに輸入終了!あまり売れなかったようですね。
とっても宜しいワインなので残念!
しかるに最終放出価格での販売となります!

イタリア半島の土踏まずにあたるカラブリア州産の赤ワインです。地場品種ガッリョッポを使った力強いちょっと個性の強いワイン。生産者であるジートは、その個性をよく表現しています。野性の木の実を思わせる甘酸っぱい香味にスパイス、エスプレッソ、苦いチョコレートのニュアンスが。

若い頃は強すぎたであろうタンニンが、綺麗に溶け込みこれらの複雑な香味を支えています。

派手に傾くことのない落ち着き・素朴さのあることが、チロの、そしてガッリョッポの持ち味・魅力です。

イタリアワインの奥深さを楽しめる1本。

オススメです(笑)。

今風の濃くて解りやすいスタイルではなく、土地に根差したクラシックなワイン。生活に繋がった有様はその地を妄想させてくれます(笑)。ワインラヴァーには、こんなワインに巡り会える幸せを与えてくれます。

こんなワインが日本で飲めることはグローバリゼーションの恩恵ですが、味わいはグローバリゼーションとは無縁の独特な物。

好まれるかどうか?売れるかどうかは解りません(笑)。

私は好きなんですが…。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2021年04月24日
ヴィレ・クレッセ オール・クラッセ 2018年 ドメーヌ・アンドレ・ボノーム
『オール・クラッセ』の畑は、なんと1930年代に植樹された平均樹齢75~95年。ヴィニロンだった曾祖父の形見ですね(笑)。これを樽発酵後新樽比率20%で18~20ヶ月の熟成したもの。
古樹ならではの旨み満載(笑)。ギリギリ過剰にならない樽熟成の塩梅は見事。柔らかで旨みのある果実味はちょっと黄色を帯びたネクターのよう。ネクタリンっぽいかな(笑)?今飲んで格別に美味しい仕上がりはさすがでございます(笑)。
2021年04月24日
ブロヴィンシア・ディ・パヴィア  ロッソ 2019年
早く飲めるように仕上げてますが、充実した旨みとタンニンの滑らかさにはビックリ。
これほどの凝縮感があるのに2019年とは!おそらくプレスしないフリー・ラン・ジュースのみでワイン作りをしていそうです。折り合いが良く、雑味がありませんし、広がり余韻の長さは立派(笑)。プラムやプルーン、チェリーなどの果実味は明瞭、しかも慈味深くとても柔らかく滑らかで自然に飲めるのは、すべての工程で手を抜かない正銘さの証です。そのシンプルな美しさに心奪われます(笑)。
2021年04月24日
ロサート・デル・ヴァロ  2018年 テヌータ ・カヴァリエル ・ペペ
フレッシュな生のトマトより煮込んだトマトなどの香味野菜を食べると絶妙にマリアージュします(笑)。トマトを使ったスープ系の料理にはぴったりです。土地の料理に合わせるべきロゼ・ワインでございます(笑)。
2021年04月24日
ヴィレ・クレッセ トラディション レ・ピエール・ブランシェ 2019年 ドメーヌ・アンドレ・ボノーム
タイトで緻密な酸、溢れんばかりのミネラル感は圧巻。コート・ド・ボーヌの名門ドメーヌの良策年の村名クラス。まだ、閉じていてディテイルは明瞭ではありませんが、口の中での広がり余韻の大きさは正銘のシャルドネ。開けてから1週間くらいは十分に楽しめます(笑)。
2021年04月24日
ソーミュール『クロ・デ・ミィディ』2019年 (イヴ・ランベール )ドメーヌ・アルノー・ランベール
シェナン・ブランも似たタイプかと思いきや。ベビーで頑強、その有り様には言葉を失うクラシックなものとなっております。まだまだ閉じた状態ですが、どこまでも伸びやかで強く、一体このワインこの先どうなるの(笑)?後10年くらい経ってから飲んでみたい誘惑にかられます。トロトロになり高貴さをたたえるシェナン・ブランになる予感(笑)。
2021年04月24日
ウンクリン 2019年 ホセ・アントニオ・ガルシア
まず驚かされたのは突き抜けるような酸とそれに見合うだけのたっぷりのミネラルと粘り。その分量は途方にくれるほど(笑)、圧巻です(笑)。果実がたっぷり含まれているのは解りますが、ぜんぜん閉じた状態(笑)。もちろん木樽のニュアンスは全く感じられません。物凄い密度感にビックリ。ここの家のメンシアの方向性とは違う?否、メンシアの柔らかな皮を剥いだものかな(笑)?

徐々にゴデーリョ本来のグレープフルーツの香りがドーンと現れるまで3日くらいかかります(笑)。そしてその姿は偉容(笑)。グレープフルーツなのですが我々日本人のイメージとはちょっと違う。
2021年04月24日
『ラ・トルデーラ』プロセッコ・スペリオーレ・ゼロ・ズッケリ・ブリュット 2016年
泡立ち、泡持ちもかなりのレベル。グラスに注ぐとイースト香やナッツィーな香ばしい香り。一瞬シャンパンのブラン・ドゥ・ブランと見違う(笑)。この時点でD.O.C.プロセッコの物とは別物と感じます。シャンパンやフランチャコルタのような瓶内二次発酵ではなく、いわゆるタンク内二次発酵(キュヴェ・クローズ方式)で作られますが一瞬瓶内二次発酵かと間違えます(笑)。しばらくするとプロセッコらしいフレッシュな葡萄のアロマが広がり。シャンパンとは違うと認識。でもですね、驚くほど辛口。
2021年04月20日
ロス・カルドス レッド・ブレンド 2017年 ドニャ・パウラ
ほどよい濃さがあり、過不足なし。赤や黒の果実味がタンニンにバランス良く調和しています。2017年が今飲み頃でありとてもお得感があります。もっともインポーターさんの輸入終了の事情によって980円税込みにての限定特売品となっております(笑)。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム