現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
PNRTQ

シャトー・ピネレ 『ロタンティーク』2009年

販売価格(税込):
3,489
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
フランス赤

フランス カオール 赤 750ml


カオールの雄シャトー・ピネレの上級銘柄です。シャトー・ピネレの45ヘクタールある畑の中でもっとも古い区画5ヘクタールからなるオーセロワ種(コットあるいはマルベック)100パーセントでつくられています。イギリスのワイン雑誌『デキャンター誌』の2008年「10ポンド以上のベストワイン」で10000本の頂点にたったワインなのです。(2005年のメイクです。)たしか審査は10ポンド以下と以上の2部門に分かれていて、20ポンド以上のカテゴリーはありませんでした(笑)。まあ、イギリス人のカオール好きを割り引いても(彼らはカオールのワインは自分達のものだと思ってます。)、このワインは普通のレベルではありません。

とにかく『スゴい』のです!色は濃く、ほとんど黒。深く深く、厚く厚く凝縮した果実味。でもしなやかな柔らかみがあります。強いけれどエレガントな甘さ、どこまでも突き抜けるような綺麗な酸。強く豊かで、底知れぬポテンシャルを秘めているようです。若い故の未分化な部分、未熟な部分さえ魅力的です。この若いカオールが、今の段階で滑らかに飲めるのがスゴい。まだまだハーモニーや明瞭さが出ていませんが、すべてが開花した様子の素晴らしさは、想像にかたくありません。

色がいい具合にぬけて、レンガ色になる頃飲んでみたいですね。想像できないほどの複雑さ・エレガントさ・絹のような舌触り・吹き出るような香りを備えた高貴なワインになっているはず。
うーん。

何年かかるか分かりませんが、見届けるまで死ねません(笑)。

従来のトラディショナルなつくりのカオールなら10年ほどしないと飲み始めることができません。除梗の比率を高め、梗からの硬いタンニンを減らしていそうです。ローヌの今風のワインにちょっと似たような気がします。

この意味からするとたしかに『ロタンティーク』は今風ですが、将来が計り知れない点、秀逸なのです。 心動かされます。

このワイン、ロタンティークもしくはオタンティークと表記されたりしてますが、私の拙い語学力では判断がつきません(笑)。英語読みだとオーセンティックですか。どなたかあとでコッソリ教えて下さい。

2009年はイレギュラーのない良い作柄、この為2005年に似ていますか。スケール感がありなかなかの出来映え。

グレートワインなのです。

※写真はイメージ
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

シャトー ピネレ 2010年

販売価格(税込): 1,680 円

新着情報RSS

2021年03月03日
アルデーヤ ガルナッチャ 2018年 パゴ・アイレス 
甘く飲みやすい口当たり。ブラックやレッドの小粒なベリーの果実味は黒トリュフや海藻、ニッキやエキゾチックな香木のニュアンスを纏い、自然な伸びやかさ。ヘビーに近い中庸な有り様はお値段以上(笑)。
2021年01月29日
ヴィニャ・トンドニア レゼルバ 2007年
ワインの評価本や評論誌のリオハの項目で必ずトップを飾るワインですから、詳しくはそちらをご覧くださいませ(笑)。
2021年01月29日
シャトー スゴンザック ヴィエイユ・ヴィーニュ 2016年
抜栓後の持ちが良く崩れません。レベルの高さが分かろうかと(笑)。レベルに書いてあるヴィエユ・ヴィーニュは伊達ではありません。古木ならではのしっとりとした凝縮感由来の旨味を感じます。
2021年01月28日
レ・トゥール・ド・ボーモン 2014年
飲んだ印象は特別な訴求力は感じませんが(笑)、それがこのワインの至上。どう言うことかと言えば、すべてのシチュエーションで邪魔にならないのです(笑)。軽く飲みやすい飲み口なのですが、薄くなく、凪の中のよう(笑)。歓談しながらの食事 そしていつの間にかボトルが空いている。追加でもう1本!

レストランのマスト・アイテムですね(笑)。
2021年01月22日
ランブルスコ・ディ・ソルバーラ セッコ ザナージ
再入荷
2021年01月22日
ネロネット 2018年 ジョージ・ウヘレク 
このネロネットを使った赤。かなりユニーク(笑)。最初の印象はアマローネ。でも、じっくり飲んでいくとアマローネとは違う(笑)。今まで経験をしたことのない味わい。不滅の印象もあり、かなり驚き感動しました。
2021年01月22日
パンノンハルミ トリコッシュ レッド 2019年  パンノンハルミ・アバーチャーギ・ビンツェーセト 
高貴とは言えませんがフレンドリー。タンニンはあくまでも滑らか。誰が飲んでも美味しいと言う出来映えです(笑)。赤ワインが苦手のワイン初心者から何十年もワインを飲み続けた強者も美味しく感じます(笑)。これってありそうでない!確かにセパージュ由来の果実味がはっきりと伝わってきます。
2021年01月21日
シャトー・クロノー 2018年
再入荷
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム