現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
SVSD

コート・デュ・ローヌ キュヴェ・シルヴィエンヌ 2009年 シャトー・デュック

販売価格(税込):
3,548
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
フランス赤
なっなんとシャトー・デュックのシルヴィエンヌ2009年が再入荷しました!

このシルヴィエンヌは今は亡き奥様シルヴィエンヌさんにちなんで造られたキュヴェ。残念ながら奥様は亡くなり、今は息子さんに委譲しているところ。もちろんワインのスタイルも新たなチャレンジを行っているようです。

そんな中、もう以前の物は飲めないと思っていたところ、なっなんと、2009年のシルヴィエンヌが再入荷!

全房発酵しながらもエレガントで飲みやすいこのシルヴィエンヌは、いかにも忘れ形見。マスキューの在庫も尽き、このワインの将来を見届けることなく終わってしまうかと、残念に思っていました。

ところがまた出てきた(笑)!

すぐにサンプルを取り寄せ試飲したところ、やはり良い。私の目は間違いなかった(笑)!
4日間かけてティスティングしましたが、古い酸化したニュアンスは全く感じられず、広がり・膨らみ・果実のディテイル共々エレガント。熟成を経て良くなっていました。まだまだ行きますね。あと5年後に一度、そして10年後にもう一度飲めればもっとワインのことが解るかも(笑)。

2009年のアルコール分は13% となっています。ちなみに看板のグラン・レゼルヴ2009年は14%とシルヴィエンヌより1%高くなっています。この違いは目指す方向性の差なのです。優美なエレガンスを目指すシルヴィエンヌと自然のパワーを最大限引き出そうとするグラン・レゼルヴ。この対比も面白いです。

いずれにせよシルヴィエンヌはシャトー・デュックの最上級銘柄ですから、マスキューもファーストリリースから追いかけざるを得ません(笑)。

実に深くてエレガントなグレート・ワインなのです。ローヌ・ヴィラージュの頂点なのです。

当店のロングセラーワイン、そして私の敬愛するシャトー・デュックの最上級キュヴェです。

愛妻家のベルナールさんらしく最上級品には奥さんシルヴィエンヌの名前がついています(笑)。
見習わなくては?

このワインはグルナッシュ60%、シラー30%、ムールヴェドル10%の割合でつくられています。

グルナッシュの比率が高いので、すぐに飲んでも楽しめますが、10年後にも、それ以上にも楽しめるワインです。

ワインの凝縮感、スケール、複雑味、奥行き、すべてにおいてすばぬけているます。

まさにグレートワインです。

間違なくコート・デュ・ローヌのトップワインですね。

ただし本人は宣伝嫌いな芸術家(実際彼は絵描きなのです。)ですから、無理なビジネスをしませんのでまだ値段が安い(笑)。

自分のライフスタイルを貫いた、唯我独尊のワインです。ワインに人となりが反映しています。

このワインほんとに凄いんですよ!

ラベルの素敵な絵はもちろん自身の筆になるものです。(収穫期の素描だけでも価値あり!)




2010年のテイスティング記録は次の通り。

2010年のシルヴィエンヌは今までの中で一番糖度が上がったようです。ローヌ最良と言われた2007年ですら13.5%でしたから、スケールは桁外れ。なんと14.5%。もともとシルヴィエンヌは糖度を無理に上げないスタイルなのですが、自然に上がってしまったようですね(笑)。2006年のファースト・リリース以来一番恵まれたヴィンテージであることは間違いありませんね。

デュックも息子さんがワイン造りをするようになりスタイルが変わってきました。どちらかと言うとより今風になってきました。より解りやすく飲みやすくですか。

そんな中変わらないのが『シルヴィエンヌ』(笑)。やはり母の力は偉大(笑)。お父さんが最愛のお母さんシルヴィエンヌにちなんで造ったワインですから、姿を変えられない(笑)。

デュックのラインナップの中で全房醗酵するのはこのシルヴィエンヌだけとなったようです。

うーん。

時代の流れには逆らえませんか。

全房醗酵ワイン大好きな私には希望の灯なのです(笑)。タニックで解りにくいんですけれども…。

10年くらい経ってようやく飲み頃に入るのかな?

好奇心と覚悟のある方にだけお薦めします(笑)。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2019年08月25日
ソーヴィニヨン 2018年 ケットマイヤー 
ソーヴィニヨン・ブラン独特の癖よりも豊かな果実味を感じます。とても飲みやすくフレンドリー(笑)。実際のアルコール分は13.5%もありますが、豊かで柔らかな果実味によりマスキングされています(笑)。とてもフルーティーでシンメトリーなソーヴィニヨン・ブランなのです(笑)。
2019年08月25日
ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ スペリオーレ 2017年『クカイオーネ』ピエロ・マンチーニ
いかにもガッルーラらしい味わい。オリーブ油やレモンをふんだんに使った料理にはぴったり(笑)。肉料理まで行けそう(笑)。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム