現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
NELFRAN

クロー・ド・ネル 『キュヴェ・ヴィオレット』2012年 アンジュ・ルージュ  クロー・ド・ネル

販売価格(税込):
3,080
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
フランス赤
フランス ロワール  赤 アンジュA.C. 750ml

クロー・ド・ネルはブルゴーニュのルフレーブとクロード・ピシャールがビオデナミ先進地域ロワール・アンジュの地でジョイントして造ったドメーヌです。2000年代の初めにブルゴーニュ出身のカップル、ネリーとクロードのピシャール夫妻がアンジューに起こしたドメーヌがもともと。ドメーヌは当初、7haの1枚畑でスタートし、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、グロローをビオディナミ農法で栽培。夢に向けてスタートしました。その衝撃的なワインはファンをあっと言わせましたが、2005年は発酵槽が微生物に汚染されワインが出来なくなり、そのご2006年、2007年と作柄が悪く生産することが出来ませんでした。そのため2008年に経営をルフレーブに譲り、2009年にクロード・ピシャールさんはドメーヌを去ります。しか
し現在はルフレーブの単独所有となっています。そのためラベルには所有者名アンヌ・クロード・ルフレーブと表記されています。

マスキューでは2003年のアンジュ・ルージュを取り扱いましたが、渾身の凝縮感は皆さんのご記憶にあるかと。規格外れのグレートワインでした。

このドメーヌあまりに厳格・原理主義的なワイン造りを追求したあまり2006年、2007年と収穫が得られず窮地に追い込まれました。このため元締め(笑)の姐御マダム・ルフーブが全て購入することでドメーヌを存続させました。クロード・ピシャールさんは引き続きドメーヌに留まっていましたが、2009年に再出発したそうです。そして2009年、クロー・ド・ネルの支配人兼醸造責任者がシルヴァン・ポタンがピシャールさんに変わりました。チリのクロ・ウヴェールというワイナリーでアシスタント・ワインメーカーをしていた人物とか。

2008~2010年までのネルはスタイルが変わり安全運転でしたのでちょっと寂しかったのですが(笑)。
この2012年お値段は以前と比べるとお高くなりましたが(笑)、それには理由あり。肝心の味わいですが一言で言うならば、ロワールの優良なカベルネ・フランの域を越えたもの。伸びやかさ、広がり、強さとも、いかにもロワールらしい古典的なスタイル。クーリー・デュテイユの上級品に似てますね(笑)。青さが残っておりクラシック。スミレや小粒の赤い果実はまだまだ本性を現していません。
この「キュヴェ・ヴィオレット」はカベルネ・フラン70%とカベルネ・ソーヴィニヨン30%をアッサンブラージュしたもの。以前こだわった100%カベルネ・ソーヴィニヨンの後継キュヴェのようです。どうやらあまりに開かなすぎるカベルネ・ソーヴィニヨン100%は中止したようです(笑)。ドメーヌの採算、存続を考えるとやむを得ない。シルヴァン・ポタンさんの苦肉の策でもありそうですね。
醸造は完全除梗のうえ、ステンレスタンク、または木桶を用いてアルコール発酵。もちろん自生酵母による自然発酵。
ピジャージュもルモンタージュも控えめに行い、果帽を果汁の中に優しく漬け込むことで抽出を得る手のかかるクラシックな手法。
その後、10〜14ヶ月の樽熟成。新樽は使わず、ドメーヌ・ルフレーヴで4〜5年使われた古樽を用います。醸造・発酵はルフレーブ・スタイルのようですね(笑)。
熟成期間が短くなっている分、飲み易くはなっていますね。前の造り方を完全に踏襲する訳にはならなかったようです。
とはいえ立派な佇まい(笑)。もう収穫から丸8年経っていますが、まだまだ伸び代十分。香りはフランの赤い小粒の果実なのですが、伝説のカベルネ・ソーヴィニヨンの30%はかなり効いてますね(笑)。フランと違和感なく溶け込みガッチリした構造。贅肉がないネルらしいスタイルはシリアス。12%のアルコール分でワインを仕上げていますから、余分なグリセリンの甘味がなく、隙のない継ぎ目のない有り様。甘露な味わいに到達するのはもうすぐかな(笑)?
どうやら新生ネルのスタイル 目指すものが確立したようですね(笑)。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2020年07月28日
1+1=3 (ウ・メス・ウ・ファン・トレス)レゼルバ・ファミリア・ピノ・ノワール ブリュット・ロゼ
氷でう~んと冷やしてプール・サイドのパラソルの下に寝そべり、苺をかじりながら飲む!リアルなプリティー・ウーマンごっこが出来ます(笑)。もちろんディナーでは最初から最後のデザートまでカバーするはず。
2020年07月27日
シャトー・ヌフ・デュ・パフ 『キュヴェ・レゼルヴ』 2015年 ドメーヌ・デュ・ぺゴー 
ここのところ北ローヌに気をとられていて、気がつくとパフが無い!
これはまずい(笑)。そんな折ぺゴーのワインを見つけたのも何かの縁(笑)。
2020年07月27日
シャトー・ランシュ・バージュ 1993年 赤
2023年にバースデー・ヴィンテージを祝うにはコレ(笑)。
2020年07月27日
ミュルソー プリウール 2006年 ドメーヌ・ルイ・ラツール 
飲み頃のミュルソー・プリウール。トロ味が出ていそうですね(笑)。
2020年07月27日
コルトン-シャルルマーニュ 2015年 ドメーヌ・ルイ・ラツール
ワイン・ショップとしてはセラーにルイ・ラツールのコントン-シャルルマーニュくらいは置いておきたい!でも高過ぎる(笑)。これはたまたま見つけたスポット品。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム