現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
DNRBV

ドンナルーチェ 2019年 ポッジョ・レ・ヴォルピ

販売価格(税込):
3,111
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
イタリア白
イタリア 白 ラッツィオ I.G.T.750ml


あれ?
まだ2018年のティスティングが終わらないうちにドンナルーチェが2019年に変わっています?
基本ドンナルーチェは12ヶ月ほどの樽熟成をしますから、計算すると2019年ヴィンテージは7ヶ月ほどしか樽熟成していないことになります。だいたいドンナルーチェのヴィンテージが変わるのは年末から翌年にかけてですから意表を突かれました(笑)。
2019年は暑すぎて酸が少ないため樽熟成期間を短くしたのかな?同じような酷暑の2018年が樽のニュアンスが強かったことを考えると、ありなん!
そんな訳で2019年ヴィンテージのティスティング開始となりました。まだ2018年飲んでるのに(涙)。

9月1日
今日はドンナルーチェ・マニアのMさんがご来店されました。試飲会の蜜を避けて、わざわざ平日にお越しくださいました。
私「Mさん、いつもお世話になっております。ドンナルーチェ2018年(7月13日抜栓)と2016年(2018年1月27日抜栓)がありますからお試しくださいね(笑)。」
Mさん「それはそれは(笑)。」
私「2018年ようやく美味しくなりました(笑)。」
Mさん「うんうん。ドンナルーチェ味(笑)
。開けてから50日かぁ。相変わらずすごいですね(笑)。私2018、2017、2016年と
とってあります(笑)。」
私「ありがとうございます!さすがドンナルーチェ・マニア!ところで2016年もお試しを。」
Mさん「開けてから2年半以上!どんな…、
う~ん。シェリー(笑)!でもちゃんとオレンジが鎮座してる(笑)。これは美味ちい
(笑)。」
私「左様で(笑)。これはもう、美味しいではなく美味ちいのです。」
Mさん、私、家内「美味ちい(笑)!」
私「ドンナルーチェ・マニアのMさんがこられましたから2019年も開けてみましょう!」
家内「香りはマルヴァジア!綺麗で明瞭な立ち上がりですね(笑)。」
Mさん「うんうん。とても飲みやすい(笑)
。爆発的じゃないけどイイですね。」
私「2018年は樽の香りがかなり強く感じましたが、2019年はフレンドリー(笑)。
マルヴァジアの香りがダイレクト(笑)。飲みはじめから折り合いがとれてますね。樽熟成期間を短くして正解ですね。2018、2019年は同様に暑すぎたのかな?

Mさん「生産量も少なそうですね。2020年はどうなのかしら?」
家内「同じような酷暑のようです。一部の生産者は酷暑に耐える品種に切り替え始めたようです。」
「葡萄果を覆うように葉が繁る株仕立てのものは耐熱性が高く大丈夫なようですが
、カベルネなどの垣根仕立ての葡萄樹は
ダイレクトに日が当たるので温暖な地では栽培が出来なくなっているようです。

Mさん「ドンナルーチェのスリー・ヴィンテージの垂直試飲ができるとは(笑)!ラッキー(笑)。」
私「ありがとうございます!でも気分はトホホでございます(笑)。」

9月2日(2日目)
うわっ、飲みやすい(笑)。柑橘類を連想する酸と味わいが一致。オレンジっぽさもあり、複雑で折り合いが良いですね。2018年とはスタートから趣が違います。

9月3日(3日目)
2018年のように樽のニュアンスが強くなく快適にスイスイ飲めますね(笑)。でもドンナルーチェとしてはこんなに軽いヴィンテージは初めてですね(笑)。

9月4日(4日目)
今日はゲストに筋金入りのワイン・エキスパートKさん(笑)。
Kさん「おっ、ドンナルーチェですね(笑)。私もドンナルーチェ・マニアなので3ヴィンテージほど持ってますよ(笑)。」
私「もちろん存じ上げておりまする(笑)。これは問題の2019年です。2016年と2018年も開いてますから、まず2016年いきましょうか(笑)?」
Kさん「え~と。2016年のボトル缶には2018年1月28日と書いてあるから2年半以上前の抜栓ですね。あーっ!こんなになるんですか。言葉を失う(笑)。」
私「まあ、酸化は進んでシェリーっぽいのですが(笑)…。」
Kさん「たしかにシェリーっぽいけど、こんなに果実味がしっかりしたシェリーはありませんよ(笑)。オレンジがある。美味しい(笑)。なんか一線を越えたものを飲ませてもらいました(笑)。」
私「では2018年を!これは2020年の7月13日に開けたものです。」
Kさん「そうすると開けてから50日ほどですね。う~ん。マスキューさんが言うようにいつもとは違いますね。飲みやすくはなっているんでしょうが、いつもならもっとバランスが良いですよね?」
私「左様かと。樽のニュアンスが邪魔してますよね。酸もいつものような圧倒的な量とは思えません。これ以上良くならないように思えます。」
Kさん「う~ん。暑すぎたのかな?それからこれは2019年ですね。開けて3日目ですね(笑)。うんうん。これは飲みやすい
(笑)。マルヴァジアの香りがはっきり(笑)
。樽の苦味もない。でも、いつものような怒涛のドンナルーチェとは違いますね
(笑)。」
私「2019年ヴィンテージは樽熟成期間を半減したようです。」
Kさん「いつもは新樽で1年ぐらいでしたっけ?」
私「はい。2018年の轍は踏まないような配慮かと。」
Kさん「なるほど。2018、2019年ともに暑かったからねぇ。今年2020年も暑いから
どうなることやら。」
私「そーなんです。何かを大きく変えないといけないかもしれません。」
Kさん「生産者は大変だ。我々の呑気に文句言いながら飲んでりゃイイけど(笑)。」
私「私はハラハラしておりまする(笑)。」

9月5日(5日目)
う~ん。重さが出てきました。あと、オレンジのニュアンスもかなり顕著かな。開けて1週間くらいは、いつもだとグレープフルーツなんかの柑橘類が支配的なはず。そうすると変化が早い。2018年も同じようにオレンジのニュアンスが出るのが早かった。基本似てるかな。

9月6日(6日目)
う~ん。
ドンナルーチェと言うと、ラベルに描かれている太陽のような圧倒的な香り、味わいの放出。求心力のある味わいとでも言いましょうか。2019年はそれに欠ける
。まあ、ワインは自然の賜物と逆に実感しました。ドンナルーチェは出来上がりのアルコール分はいつも13%。収穫のターゲットとする糖度は同じ。でも出来上がった味わいの差がある。特に2018、2019年は顕著でした。今までこんな経験はしたことがなく、いつも変わらず美味しいワイン。いつも変わらず美味しく出来る生産者であり産地であると錯覚しておりました。でも、2019年だってまだ先を観測する必要があるほどですから、そこら辺の白ワインとは違います。この点誤解なきようお願いします(笑)。

9月7日(7日目)
う~ん。
マーマレードっぽさが増しましたね(笑)
。今まで飲んだドンナルーチェの中でマーマレードに到達したのが最速(笑)。だいたい2~4週間くらいでなります。ちなみに、ここ5ヴィンテージはマーマレードにならずじまい(笑)。久しぶりにドンナルーチェのマーマレードへの移行を確認(笑)。

9月8日(8日目)
やはり、マーマレード(笑)。ちょっとバランスに欠けるような気もしますが、ヴィンテージの性かな。私ドンナルーチェが何時マーマレードのようになるか?それがヴィンテージ毎に違うことに気づいてからロング・ラン・テイスティングをするようになりました。あと、このマーマレードの有り様が好きなのです(笑)。まあ、何故そうなるか解りませんが(笑)、ドンナルーチェはそうなる。そして何時なるかはその生命力の証であるように思っております。ここ数年はマーマレードみたいにならず仕舞い。ただ2016年のような異常な生命力を発揮する場合にそうなる。酸が有りすぎるとマーマレード状にはならないようですね(笑)。ドンナルーチェを10ヴィンテージは続けて飲みましたが、ようやく解ってきたのかな(笑)?
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報RSS

2020年11月22日
ソーミュール・シャンピニー 2018年 イヴ・ランベール アルノー・ランベール
軽やかで伸びやか、ビビッドな赤い小粒の果実味はヴァイタルでありながら、とても品が宜しい(笑)。旨みに繋がる透明感こそがこのアペラシオンの真髄かと(笑)。
2020年11月22日
ポン・デ・ガサック 2018年 ムーラン・ド・ガサック
口に入れた瞬間に感じる旨みの甘さは圧巻(笑)!セレクションの良さ葡萄果の良さ由来のビビッドな果実味。ありがちな真っ黒な果実味ではなく(笑)、赤、青、黒のベリー系の果実が織り成す様も圧巻。まるっきりクリアではなく土やミネラル、ハーブ、スパイスの南フランスらしいニュアンスがしっかり感じるのも良し(笑)。全体の豊かな膨らみ、折り合いの良さ。長く美しく力強い香りの広がりと余韻は立派(笑)。
2020年11月22日
ウンクリン 2017年 ホセ・アントニオ・ガルシア
密度がありながら軽やかで伸びやか。メンシアに共通するシルキーなタンニン。そしてそのなかは、旨みのある実に美味しい味わい。コーヒー、リキュール、スパイス、森の匂い、腐葉土のニュアンス等かなり複雑。とは言え胸襟を開いたような素直さも感じる味わい(笑)。メンシアらしい小粒の赤いベリーの香りの独特な溶け込み方は素敵の一語。
2020年11月22日
ウル・デ・イェブレ・シラー オーガニック 2018年 デフォラ 2007年
1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)スペイン 赤 ペネデスD.O.
2017年はひたすら美しいテンプラリーニョでしたが、2018年は上物のジゴンダス
(笑)。スパイシーなシラーのニュアンス。(2017年よりシラーの比率は下がっている不思議)旨味と雑味を伴ったタンニンはヘビーで深みがあります。質感・ボリューム感のあるタンニンと旨味は肉食を誘いますね(笑)。
2020年11月22日
テンプラニーリョ・シラー 2017年 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)
これはテンプラニーリョ(1974年に植樹された古樹)75%、シラー(2004年植樹)25%で作った赤ワイン。1+1=3らしくこの価格帯のワインでも手を抜かず(笑)すべて手摘みで収穫し、ぶどうを厳しく選別しています。すべて除梗したのち。ステンレス・タンクで低温で浸漬してからアルコール発酵。軽くファースト・プレスした果汁のみ使用してますね。1+1=3の流儀通り(笑)。
2020年11月22日
シャトー マレスコ・サン・テグジュベリ 2011年
フランス ボルドー 赤 マルゴー第3級格付け
肉付きがよく、柔らかさがあり、しかもしっかりしたマルゴーらしいワイン。
このシャトー、物語りがあり夢があるんですよね(笑)。
2020年11月22日
レ・パゴ・デ・コス 2011年
フランス ボルドー サン・テステフ 赤 750ml

あの第2級格付けコス・デストルネルのセカンド・ワインでございます。
以上(笑)!
2020年11月22日
シャトー グラン・ピュイ・ラコスト 2012年
フランス ボルドー 赤 ポイヤック 第3級格付け 750ml
スター揃いのポイヤックではあまり目立たないシャトーなのですが、実は熟成能力に優れたもの。最低でも10年は待つ必要あり!そこそこの年ならば平気で20年くらいは持ちます。
2020年11月22日
レゼルヴ・ド・ラ・コンテス 2011年
フランス ボルドー 赤 ポイヤック
ポイヤック第2級格付けのシャトー・ピション=ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランドのセカンド・ワインでございます(笑)。
ラツールの隣のシャトーなんですが、ラツールよりメルローの比率が高い。その分早く飲めます。
2020年11月22日
シャトー ディッサン 2011年
フランス ボルドー 赤 マルゴー第3級格付け 7
あまり説明は要らないかな(笑)。私、わりとこのシャトー好きです(笑)。
マルゴーらしいワインかと。
2020年11月22日
シャトー ブラーヌ・デュクリ 2012年
フランス ボルドー 赤 サン・ジュリアン第4級格付け
畑が散在するのでちょっと非効率で軽めのワインと評されますが、なかなかのものかと(笑)。80年代は少し物足りなかったのですが、90年代以降向上しております。
2020年11月22日
シャトー ラグランジュ 2012年
フランス ボルドー 赤 サン・ジュリアン 第3級格付け
おそらく日本人が一番飲んだグラン・ヴァンかも(笑)。
サントリーが1983年に取得して以来名声は高まっております。それって信用に繋がること。誇れることです(笑)。
2020年11月21日
レディー・ランゴア 2013年
これ一般にサン・ジュリアンの第3級格付けシャトー・ランゴア・バルトンのセカンドと呼ばれるもの。実はランゴア・バルトンはレオヴィル・バルトンに吸収されており、ブランドと格付けのみが残っているのが現実です。

然るにコレお買い得でございます(笑)。だって中身はレオヴィル・バルトンのセカンドですから(笑)。
2020年11月15日
ピエルソン・キュヴリエ ブリュット キュヴェ トラディション N.V. グラン・クリュ シャンパーニ
赤系の果実味がしっかり感じられ、しかも優しい舌触りが心地良い。ルーヴォアらしい佇まいなのです。
2020年11月15日
ピエルソン・キュヴリエ  ブリュット  プレステージ N.V. グラン・クリュ シャンパーニ
ピノ・ノワールのコクを感じ、繊細かつ余韻の長さは極上のシャンパーニュです。
2020年11月15日
フランチャコルタ・キュヴェ・22 ブリュット カステッロ・ボノミ 
ボノミらしいスタイル。フレッシュに感じる酸と、旨味の酸の総量とのバランスの取り方はグラン・キュヴェ同様にハッとさせられるもの。液体を飲み込んだ後にフレッシュな酸の大きな広がり、抜けの良さ。そしてそれを追うような甘味に繋がる旨みの酸味が余韻としていつまでも残る様はまさにボノミ・スタイル。
2020年11月15日
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ボーヌ 赤 2015年 ドメーヌ・ジャイエ・ジル
これは収穫後除梗したピノ・ノワールをセメント・タンクで発酵し、100%の新樽で18ヶ月ほど熟成したもの。まず、ワイン自体に特級並みのポテンシャルがないと新樽で18ヶ月の熟成は無理(笑)。出来上がったワインは樽のニュアンスに負けない果実味、タンニンは十二分に満足が行くもの。苺チョコの世界(笑)。オート・コートらしい酸はディテールをはっきりもさせますし、ともすれば鋭さを感じる酸もようやく落ち着いたところ。並みの1級を凌ぐワインと言えます。
2020年11月15日
ブルゴーニュ アリゴテ 2016年 ドメーヌ・ジャイエ・ジル
2016年は特別良い作柄。ただ量が少なかったために宣伝されませんでした(笑)。ジャイエ・ジルらしい濃密な出来映え。熟成を予感させる生命力。2016年は2015年より200円ほど高くなっておりますが、その200円の違いはあります(笑)。2010年代でベストの作柄かも知れませんね。
2020年11月14日
カビレ マヴルッド&カベルネ・ソーヴィニヨン 2016年
メルロにちょっと似ていますが、メルロとは明らかに違う品種特徴。シルキーな舌触りと後味のほのかなスパイシーさはエレガント。品が良く凝縮した赤や黒系のベリーのニュアンスは、あくまでフレンドリーで深みがあり、マヴルッドのポテンシャルの高さは疑う余地がありません。
2020年11月14日
インモルタリス モナストレル 2016年
ねっとりとしたファースト・アタックには心奪われますし(笑)、落ち着いて複雑な黒・赤系の果実味、完熟の証のバルサムなスパイシーさは隙間がない。とても時間のかかるモナストレルをただ飲みやすくしただけのワインではありません。この点秀逸にございます。樽の香りがきつくない点もグッド(笑)。
2020年11月14日
『J,マイヤー』ピノ・ノワール 2019年
これはピノ・ノワールの白!
ピノ・ノワールを使ったブラン・ド・ノワールでございます(笑)。
なんでもインポーターのアグリさんがJマイヤーに頼んで特別に作ったものとか(笑)。

味わいは斬新(笑)。そりゃそーです。初体験ですからね。基本柑橘類の果実味なのですが、あまりアロマチックではありません。香りより重さ厚みに作用しています。もちろん赤のピノ・ノワール的な赤い果実も感じられますが、あくまでも副次的。そしてワインとしてのバランスが良く崩れない出来映え。

コレ良いのでは!
鍋物等の和食にぴったりですね(笑)。
川崎(川崎と溝の口駅そば)、横浜(鶴見、関内、たまプラーザ)でオーセンティック・バーを展開する時代屋・オールドオークではバーテンダーやキッチン・スタッフを募集しています。
初心者にも丁寧に指導しますので安心です。正社員の他、アルバイトも可能です。応募やご質問についてはこちらのページをご覧下さい。

ワインのマスキューHOMEワインリストワインの知識(ワイン事典・ワイン辞典)メールマガジン

店主紹介地図と住所桝久にメール特定商取引(送料等)チーズブログカゴの中身

ワイン・ナビ - ワインに合う料理とレシピ・作り方を紹介する投稿サイト

© 2005-2018 by 株式会社桝久商店 & フクモト・ロジスティック・システム